闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

自分の透析治療にはサプライズは要らない

人生は色々有り嬉しい事、悲しい事、驚く事など色々有ります。透析には嬉しい事悲しい事などの普段と変わった出来事は必要無く粛々とルーチンワークを行なってもらえる事を自分は望んでます。

 

しかし世の中はそんなに甘くは無く今の施設ではサプライズ連続です。鎮痛剤出して胃腸薬の処方が無買った事。ニューキノロン系の抗菌薬を出したのに酪酸金製剤のミヤBMが無く通常乳酸菌製剤を処方したまでは良かったけど薬を飲む時間の指導も無い事。ダイヤライザーを小さくしたり大きくしたりしても何も説明がない事。

 

因果関係は証明されてませんが鎮痛剤を飲んだら胃に穴が開いたり、鉄系のリンの吸着剤のリオナをのんでヘマトクリットが59になったり、嚢胞感染が年に何度も繰り返すなど考えられない事が多発してます。

 

家から近いと言うだけで通ってるので仕方ないと諦めてましたがここまでサプライズが多いと殺されないように対策を講じたいと思います。