闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

心血管疾患(CVD)より嚢胞感染対策が優先

自分の場合は心血管疾患(CVD)対策のリンに気をつける事より嚢胞感染対策を優先すべきなのでリンの数値には拘らず確りタンパク質を摂取する事ととある方からアドバイスを頂きました。

 

確かに6月に新潟市で行われた腎臓病学会学術総会で東京の多発性嚢胞腎の主治医からも「嚢胞感染の処置が有り得ない」と言われてました。

 

「命が短くなってる」とか「その治療なら直ぐに再入院するし死ぬかも知れないよ」とか言われてるのでもう少し真面目に透析の環境を見直ししてもう少し長く生きることにしました。

 

なので現在の施設でリンが高いと指摘されても無視する事にしました。もししつこくリンが高いというようなら『自分の場合は「心血管疾患(CVD)」で死ぬ可能性と「嚢胞感染」で死ぬ可能性が高いのか』考えてくれと申し入れする予定です。