闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

リンの検査値は無視してタンパク質を基準値で摂取

血液検査の値をSNS吊るしてるので色々なご意見を頂きます。特に多いのがリンの過剰摂取についてです。現在通ってる病院でも同じ事を言われてますがその人達は自分のアルブミンの値とCRPの推移について考慮してません。リンに合わせた生活をして見ましたがタンパク質が基準値の88gの約半分の46gでやっとリンの値かわ5.7になりました。

 

嚢胞感染を半年で3回も発病させる劣悪な透析環境にいるのでとあるドクターから「腎不全患者の基準の0.9-1.2g/kg がDWなのかBMI22の時の標準体重かはっきりしませんが、腎臓が2つで10kgあるとしてもDW80kgで70gは少ないのではありませんか?まあ医者の言う事はあまり当てになりません。関谷さんはCVDで死ぬ確率よりこのままだと感染症で死ぬ方にかけます。ですからリンより蛋白質摂取でしょう!」と言って頂けました。

 

なので現在リンは乳化剤や添加物のリン酸塩には取らない様に気を付けますがリンの事は考えずタンパク質を90gまで上げる様にしました。リンの値を下げるには透析量・リンの吸着剤・食事てリン酸塩、リン脂質を取らない食事で対応したいと思います。兎に角、リンの事は後回しにして感染症で死なない様に気を付けて生活します。