闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

前みたいに間違えない様に確り説明しました(11/22の透析)

昨日(昨日)は17時35分に着床で待ち6分の17時41分スタートです。昨日(11/22)の体重は4.8kgの増えで6%、84.7(長袖とタイツ分400gプラス)kgでした。

 

昨日(11/22)の透析の途中経過

透析開始の血圧の上99下62で昨日(11/22)の透析はスタートしました。透析開始から2時間半の血圧測定は上123下78でした。上が123も有る血圧なら除水を追加しても大丈夫なので200g除水を追加してもらいました。透析終了前30分の血圧は上110下59でした。大丈夫だと思うけど念のため残り30分は血液に温度を36℃から34.5℃に下げました。

 

昨日(11/22)の透析まとめ

透析終了時の血圧は上121下53で何も無く無事に200gマイナスで透析治療は終わりました。前に普段食べない食事400gを透析中に食べたのに400gを加味せずドライウエイトまで除水されたミスが有ったので今回も同じ400g多く普段着ない服を着ているのでドライウエイト+400gで終わる様に念を押して除水は初期設定してもらい追加で200g多く

 

【追記】

前の普段食べない食事を透析中に食べた時に頂いた時のコメントで世の中には何らかの理由でその日に身に付けるものが増えたり減ったりしてもドライウェイトを変えずに除水する施設が有る様です。当たり前の事と思ってますが自分の病院では服装の重量やその日だけ食事の量を変えるときは臨機応変にその日のドライウエイトを変えてもらえるのは助かります。