闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

入院と透析室ではシーツとタオルケットは持参が当方の常識

透析や入院した時は必ずシーツとタオルケットもしくは毛布は持参してます。

 

多発性嚢胞腎で頻繁に嚢胞感染しているので感染対策として透析や入院した時には必ずマスク、シーツ、タオルケットは持参しています。

 

特に透析施設はコスト削減でシーツ掛布団は変えないので重くて嵩張っても絶対にシーツとタオルケットは持参します。

 

病院でマスクをしてない人にも殺意を覚えいてますが透析室にシーツとタオルケットを持参しない人も「自分さえ良ければ良い人」だと病院でマスクをしない人と同様に軽蔑してます。

 

【追記】

原疾患が多発性嚢胞腎で1年に何度も嚢胞感染を発病させて頂いてる透析施設なので「自分の身は自分で守る」安全対策の一環としてシーツ、タオルケットの持参は行ってます。