闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

予想を遥かに超えリンが上がっていた(12/3の透析)

昨日(12/3)は17時47分に着床で待ち7分の17時54分スタートです。昨日(12/3)の体重は4.8kgの増えで6.0%、84.3kgでした。

 

昨日(12/3)の透析の途中経過

透析開始の血圧の上99下57で昨日(12/3)の透析はスタートしました。透析開始から2時間半の血圧測定は上93下62でした。珍しく血圧が上がらないので血液温度を35℃に下げて様子を見ます。透析終了前30分の血圧は上85下56でなので水を100g入れて34℃に下がりました。残り20分で血圧測定したら上103下67まで上がりました。

 

昨日(12/3)の透析まとめ

透析終了時の血圧は上89下61で痙攣も無く100g残して透析治療は終わりました。本日は血液検査で速報値が出てました。心血管疾患(CVD)よりも感染症対策って事で蛋白質を基準値の80g、リン1100mgを摂取した結果リンが11迄あがってました。蛋白質を基準値で摂取すると予想以上にリンが多くなり流石に11は駄目なので次回の血液検査までは蛋白質65g、リン900で食事をコントロールする予定です。