闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

透析量増加と吸着剤の変更で対応する予定です。

今日12/5(水)か次の透析で12/3(月)の血液検査の結果を頂けますが12/3に既に速報値でリンの値が11と突き抜けて高い事を聞いています。

 

リンが高くなる体質と理解してますが自分の場合はリンが高い事による心血管疾患(CVD)で死亡するリスクより感染症によるリスクが高いと判断して蛋白質を基準にして食事をしたのでリンが高くなりました。

 

現在通って居る透析施設で食事制限が基本で血液検査でリンが高いと吸着剤を出しても仕方ないと言われリンの吸着剤が減薬になってます。まあ透析量を上げ吸着剤を出してもらえるような対策は既に打って有るので多くは言いませんが今の施設でフレイルやサルコペニア予が更に増えない事を願います。

 

どこの業界にもテリトリー(縄張り)は有りますが医療の世界は際立って色々な柵が多く難儀してますが透析量を増やして吸着剤を変更して頂ける環境を手に入れるように頑張ります。それまでは不本意ですが蛋白質を10g減らした一日70gでリン950mgで血液検査のリンの値が11まで増えない様に対策をします。