闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

やっと造影CTが出来る環境を手に入れました

腹部の単純CTを毎年撮影しているけど何の為に行なっているか今の透析施設では全く説明が無い。自分が思うに腹部の単純CTだと腎癌、腎嚢胞、子宮筋腫、すい臓腫瘍疑い、肝嚢胞、尿管ポリープなどの発見が挙げられる。

 

因みに当方は多発性嚢胞腎(PKD)なので腎嚢胞・肝嚢胞はすでに有り、人間の目で単純CTではACDK(後天性多発嚢胞腎) のガンとADPKD(常染色体優性多発性嚢胞腎 )区別が出来ず造影CTか腎エコーを撮り比較する事が常識と多発性嚢胞腎専門医(腎臓内科)、腎癌の専門医(泌尿器科)の両名から伺ってます。

 

自分も他の多発性嚢胞腎患者と同じくACDK(後天性多発嚢胞腎) のガンと間違えられ充実性腫瘤の疑いが有ると言われ再検査をうけました。誤診の可能性が高かったので再検査は多発性嚢胞腎の専門医に診てもらったら予想通りの普通のADPKDで「どうしたら充実性腫瘤に見えるのかな」と笑いながら言われました。

 

多発性嚢胞腎なので脳動脈瘤の検査もしてます。何も無ければMRIの検査ですが自分の場合1999年に脳動脈瘤クリッピング手術してそのクリップがMRI非対応なのでCTになります。本来なら造影CTを撮らないと正確に脳動脈瘤は分からないはずですが今までは諸事情で単純CTでした。

 

最近長岡に開業された脳外科のクリニックで造影CT撮影が可能になり「新潟の医師は神の目を持ってますね」と嫌味を言われた脳外科の病院での頭部単純CTは次回から止める事になりました。