闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

今のところ嚢胞感染の再発無し

今年は約2ヶ月に一度合計6回嚢胞感染になり二回入院しました。6月に新潟市で開催された日本腎臓学会学術総会で東京で多発性嚢胞腎を診て頂いてる医師からは半年に一度でも嚢胞感染は有り得ない話だそうで年に2回以上の嚢胞感染は処置に問題があると言われました。

 

幸いな事に6月にお会いした時にCRPが基準値を下回るまで熱が無くても抗菌薬を飲むと良いと教えてもらいました。確かに抗菌薬の基準の期間の投与で熱が下がってもCRPが基準値を上回ってる場合は短い期間で嚢胞感染を再発させてました。

 

10月の嚢胞感染の発熱は透析の主治医とは別の医師から抗菌薬を処方されたので熱が下がってもCRPが基準値を下回るまで抗菌薬を処方して頂きました。その結果2カ月が経過しても今の所嚢胞感染にはなっていません。