闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

透析治療は今日(2/4)から15年目

2005年の1月26日に嚢胞感染の発熱で緊急入院、その後腎機能が低下して1月31日にシャント作成、2月4日に透析導入しました。

 

嚢胞感染で40℃の熱が出て意識が遠のいている中でのシャント手術・透析導入だったのでその時に説明された事は一切記憶が無く意識がはっきりしたら透析導入していました。

 

2005年の1月も通院していて血液検査の結果では透析はまだ先と言われてたのに急に透析患者になって戸惑いましたが透析導入に伴いカフェインが解禁になったので透析導入の戸惑いよりも喜びの方が大きかったと記憶しています。

 

透析治療は今年で15年目に入りましたがクモ膜下出血は今年の3月21日で20周年です。自分の場合は透析治療の年数よりクモ膜下出血の経過年数の方が感慨深いものが有るので透析治療は「未だ15年目」って思いがちですが透析治療も20周年が迎えられる様に日々精進したいと思います。