闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

転院はもう少し先になりそうです

昨年の大晦日に転院の申し入れをしたけど転院が出来ず1ヶ月が過ぎて2月になりました。

 

現在通院している病院での問題点は多発性嚢胞腎の嚢胞感染の対応に問題が有るので今の所嚢胞感染の発熱が無くホッとしています。

 

ベッドに空きが無いとの事ですが小耳に挟んだ話によると看護師が足りない為に受け入れが出来ないとの事でした。

 

東京の専門医から嚢胞感染した場合の対処法を聞いているので問題は少なくなっていますがいかんせん抗菌薬の処方に難が有るので早めの転院を望みます。

 

【追記】

今の透析施設はトップレベルの透析施設には敵いませんが上の下のレベルの透析施設なので透析の治療に関しては問題は少なく問題は嚢胞感染対策です。