闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

あちらを立てればこちらが立たず

血液検査の結果ではリンを気を付けて制限値に収めると蛋白質が不足するし、蛋白質基準値に合わせて蛋白質を摂取するとリンが基準値を超えてしまいます。

 

リンが高いと心血管疾患(CVD)のリスクが心配され、蛋白質が少ないと感染症でのリスクが心配されます。自分の場合はCVDのリスクよりも感染症のリスクが高いのでリンの値はそんなに気にせずしっかり蛋白質を標準体重1kgあたり0.9~1.2gに収まるように蛋白質75g取るようにしています。

 

透析時間を延長して透析量を増やしたりリンの吸着剤を増やせば改善すると思いますが現在の施設ではやれる事はやったと言われたので透析量やリンの吸着剤を増やす事は無理のようです。そうなると透析量(Kt/V)のK(尿素のクリアランス)とt(透析時間)の改善は望めないので残るV(体液量)を減らすべく日々糖質制限しています。

 

リンを抑えようとすると蛋白質が減りアルブミンが低下して感染症のリスクが高まり、それに加えて糖質が増え脂質異常が顕著になります。糖質制限して確り蛋白質を摂取するとリンは確実に基準値をオーバーします。あちらを立てればこちらが立たず、二兎追うものは一頭も得ずって事なのでリンはそんなに神経質にならず蛋白質を確り摂取してその結果リンが低ければ御の字として現在食事をコントロールしています。