闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

糖質制限(1/2)【脂質異常対策】

糖質制限を昨年始めた理由は当時通っていた透析施設では管理栄養士に相談する環境が無く脂質異常は薬だけで対処していた為でした。他の腎臓病を専門と謳う個人病院に診てもらったけど「医療ムラ」の掟があるようで栄養指導までたどり着けませんでした。「医療ムラ」の掟に従わないと競争の少ない環境の新潟ではややこしい事になるので掟に従い当時通っていた栄養指導の無い施設糖質制限を始める事を伝え了解を得て糖質制限を始めました。

 

学生の時に専攻した学部には運動生理学、解剖学、スポーツ栄養学有り栄養学の知識は持っていました。糖質制限が続けると脂質異常は改善するけどリンとカリウムのコントロールが難しくなると思いましたがリンとカリウムを気にし過ぎると何も出来ないので脂質異常が治るまではリンとカリウムには目を瞑り糖質制限を導入しました。

 

幸いな事にカリウムは上がらない体質で1日カリウムを3000mg摂取しても5.2より上がらず野菜を好き放題食べる事が出来るので何とか半年糖質制限は続いてます。リンは糖質制限する前からコントロールが出来ていないのでリンの値は悪化しました。その代わりに糖質制限を始めて1カ月で脂質異常は劇的に良くなり400有った中性脂肪が120を下回る様になりくすりを減薬する事が出来ました。リンに付いては透析時間を現在の4時間半から5時間、リンの吸着剤を増量して改善したいと思っています。