闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

転院はいつになるやら

昨年の年末に転院をお願いしてから2ヶ月が経過したけど転院先のベッドは空いているけど看護師が多忙で転院の受け入れに至ってません。2ヶ月も待たされるのは初め「なんだかな〜」って思いましたが看護が出来ないのに受け入れをする儲け第一主義の病院でないことに現在好感を持っています。

 

転院が伸びて心配していることは主治医の薬の処方でした。幸いなことに前回嚢胞感染した時は抗菌薬の処方を主治医でない医師に東京女子医大の多発性嚢胞腎の専門医の指示内容を伝えて処方してもらったので毎月嚢胞感染していたのが嘘のように現在嚢胞感染なってません。

 

嚢胞感染はならなかったので良かったのですがリンが高いのでホスレノールが増量されず多血症になったので中止になったピートルが再度処方されました。不幸中の幸いで現在ヘマトが39.4と過去最低になっているのでヘマトクリットが50になる前に転院出来るなら瀉血しなくて済むと思っています。