闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

透析量が大切と言うなら何で5時間透析をしない(3/6の透析)

昨日(3/6)は17時34分に着床で待ち3分の17時37分に透析開始でした。昨日(3/6)の体重は4.4kgの5.5%増加で84.4kgでした。

 

昨日(3/6)の透析の途中経過

透析開始の血圧の上112下69で昨日(3/6)の透析はスタートしました。透析開始から2時間半の血圧測定は上110下75でした。透析終了前30分の血圧は上109下72でした。

 

昨日(3/6)の透析まとめ

透析終了時の血圧は30分前が高かったので割愛で何も無く無事に300g多く除水が出来て透析治療は終わりました。本日「除水も大事たがが透析量が大事だと」担当の看護師言われた。色々な柵で透析時間が4時間半しか出来ずに透析量が増やせない事が転院の理由の1つなので笑った。5時間透析する人の開始時間を30分早くすれば5時間透析の実施は無理では無い無いと思います。

 

【追記】

本来なら塩分を控え増加を抑え除水するのが筋ですが除水を増やすのはボタンを押すだけで手間で無く勤務時間の延長にはならないのでお願いしたいですね。