闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

3/7の毎日新聞の記事(透析中止で死亡)に対する当方の考え

www.google.co.jp

3/7の朝起きて目が覚めて目に飛び込んで来たのか上記「透析中止で死亡」の記事。英文で色々とやらかしている毎日変態新聞の記事だったので拡散する前に裏を取ることと腎友会の会長に連絡して様子を見守りました。

 

この案件は昼の全国ニュースでも取り上げられ18時のニュースでは日本透析医学会も調査に入ったと毎日変態新聞以外も取り上げてたのでやっとこの「透析中止で死亡」と言う出来事を受け入れる事にしました。

 

この記事を読んで初めに思った事は「何故に相談を外科医にする?」でした。普通、奥さんの透析治療を担当していた内科医に透析中止の撤回を相談すべきです。透析医との人間関係が難しくて無理だったのかも知れません。

 

理由のはっきりしない透析治療をやめる意思確認書への承諾する家族、44歳の人に「透析治療をやめる意思確認書」提示する医師。今後詳しい話が出てくるとは思いますが自分から見たら家族も家族だし医師も医師だと…「何だかなぁ〜」って大きく溜息をついてます。