闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

よく聞こえます

透析の治療を行う部屋は個室を謳っている施設でない限り基本的に仕切りの無い部屋にベットがずらりと並んでます。隣のベットの距離は三尺(90.9cm)位しか離れていません。三尺の距離しか離れていないと隣の声はよく聞こえます。声が聞こえるだけなら良いけれど隣の人と医療スタッフの話した事は全部聞こえています。

 

透析の原疾患の40%が糖尿病なので当たり前と言えば当たり前ですが隣の人は糖尿病の人が多くて左右のどちらかが今の所糖尿病患者です。自分は透析中はテレビを見ずに本を読むので周りの音がよく聞こえ透析治療をする度に隣の人の糖尿病の話を聞かされているので糖尿病について詳しくなっています。

 

良くない事とは思いますが糖尿病患者さんが隣の場合は血圧については聞き耳を立ています。何故かと言うと糖尿病の方の中に自律神経に障害のある方が居て血圧が低い事に気付かず透析が終わって立ち上がる時に倒れる人がいて何回か自分に向かって倒れて来たことがあったからです。

 

隣の人の血圧が分かり倒れそうな事が事前に分かる事は有難いとは思いますが隣の人の話し声は聞きたくて聞いてる訳では無く良くも悪くも聞こえ過ぎるのでもう少しプライバシーが何とかならないかと思います。