闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

尊厳死に付いて考えてみた

3月7日に毎日新聞が報じた公立福生病院の透析中止のニュースを受けて自分の場合はどうなったら透析を止めるのかを考えて見た。自分の場合は多発性嚢胞腎なので心弁膜症、感染症クモ膜下出血で死ぬ確率が高いけど特に感染症で死亡するのではと言われているのでどのタイミングで透析を中止するのかと考えて見ました。

 

今回の公立福生病院の透析中止の事実としては透析患者が透析中止の同意書に署名した事、透析患者が透析を中止して死んだ事だけで、それ以上でも、それ以下でも無いけれど皆様想像力が豊かなで色々な憶測が飛び交っています。憶測で面白おかしく書くことも出来ますがそれでは自分が透析中止を宣告された場面に遭遇した時に役に立たないのでもう少し具体的に救急・延命措置を止めると決断する選択肢を考えてみた。

 

パッと頭の中を過ぎったのは「ただ単に死期を伸ばす為の延命措置は止めてほしい」と思いました。延命措置の一つの透析治療は単に死期を伸ばす為の延命措置では無いので透析治療は続けさせて頂きます。そんなこんな考えたら尊厳死に行き着きました。尊厳死は延命措置、終末医療緩和医療遷延性意識障害に付いても考えられていました。

 

クモ膜下出血の再発の可能性の高い多発性嚢胞腎なので遷延性意識障害には直ぐに目が行き知合いの遷延性意識障害を見ているので延命措置の中止する基準を家族には提示しておかなければと家族には口頭では伝えてたけど文面で残して無かった事を思い出しました。

 

今回の透析中止が有った事により色々な角度から死と生を考え、リビング・ウイル(事前指示書)の問題点などを含めた尊厳死の事を深掘りして知る事ができた事は良かったです。