闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

救急外来に思うこと

体調が悪く久々に救急車に乗るかも知れないと思ったけど長岡市の担当病院の当番表を見たら絶対に倒れては駄目と思い気合を入れて頑張りました。会社で倒れ意識が無いと避けている病院に連れて行かれるので厄介です。

 

悪い事に今現在透析治療の病院の変更をお願いしている途中なので救急病院の指定が強く言えないので少し辛いです。救急外来に自力で行くなら選べるけど会社で救急車に運ばれたらどこに連れて行かれるか分かりません。

 

それでも会社で倒れた場合は昼なので医師に外れが少ないのでヨシとしてます。夜に救急外来て診てもらった事は何回か有りますが毎回なんで直ぐに救急車を使わないと言われてしまうけど夜の救急外来は外れが多く救急で診てもらってからが大変なので体調が酷くなっても基本朝まで我慢します。今後も夜に救急外来に行かなくて済む様に体調管理に努めたいと思います。

 

【追記】

今回は何とか救急外来に行かずに済み会社を休んで昼専門医を受信したいと思います。