闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

合併症が新しく出ると透析する病院選びは大切と毎回痛感する

透析治療は病院間のレベルに差が大きく同じ4時間の標準的な透析治療を行なっても治療の効果差が有ります。同じ時間の治療でもレベルに差が有るのに加えて診療報酬の出る5時間透析や診療報酬が持ち出しになると思われる6時間以上の長時間透析、オーバーナイト、在宅血液透析などを取り入れている施設があるので透析治療の効果は病院により月とスッポンなので透析導入時は何かとドタバタするので落ち着いたら透析施設を見直しする事をお勧めします。

 

透析施設を選ぶ際には透析施設の善し悪しを公式には言えない腎友会は役に立たないと感じています。良い透析治療の施設に転院したい場合は転院したい施設で実際に透析を行なっている人にSNS患者会で集まった時にそれとなく聞く事をお勧めします。病院の方針、透析時間、QB、穿刺ミスの回数、看護師の能力、検査の有無などを聞けば大まかな病院のレベルは判断出来るはずです。

 

特に合併症をお持ちの方は個人経営の病院より総合病院での透析をお勧めします。個人病院と総合病院との連携がスムーズだったり合併症も無く元気に過ごせているなら気にする必要は無いです。しかし合併症など体力が低下したり、病院間の連携が悪いと処置が遅れ取り返しの付かない事態も想定されます。透析治療は透析室、腎臓内科、泌尿器科、栄養科、薬剤部の連携が大切で病院間の連携が良く無かったり、個別の病状に対応が出来なかったりして、色々な意味で荷が重いと思われる施設も見聞きします。この投稿が今一度病院を見直す切っ掛けになりQOLの高い透析治療を受ることの手助けなったら幸いです。

 

【追記】

都市部と違い地方は病院を選ぶ事も至難の技でレベルの高い病院迄の通院方法が問題になるはずですが通院に時間や手間をかけてても体が楽になるので今の環境を今一度見直しする事は有意義な事と考えています。