闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

商品としての医療サービス

昔は感染症や栄養障害で死亡する事が多かったので医師は診断を下し 、治療に関する指示を患者に与え 、患者はそれを励行する 、といったパターナリズムな処置でよかった 。近年、疾病構造の変化と医療の役割が変化した事により医療の役割が大きく、より細分化され専門医だけでも総合診療医個人では対応が困難な事例が増えている。

 

特に特殊な病気を持っている場合の合併症は厄介です。透析治療では胸のレントゲンや血液検査を受けていると全身の管理を受けているつもりで安心してる人が見かけられますが透析治療での検査では大腸がんによる貧血、肺がんの見落としが小耳に入ります。

 

医療が専門的に細分化された事により近年医療は劇的に進歩したと感じるが検査などに対して首を傾げたくなる事が多くなっています。例えば検査を実施しないと分からないはずなのに大丈夫と言ってみたり、検査が病気を発見するエビデンスが有るにも関わらず検査を実施しない事が自分の周りでも発生しています。

 

色々考えると眠れなくなるので現在医療は商品、患者は消費者と最近では割り切るようしています。なので自分の場合は費用対効果を考えて薬は考えるし、検査に関しても他の医療期間て実施して自分の環境では実施されないなら自分の身は自分で守るって事で自ら必要な検査を受けています。

 

機能の足りない商品でもやり方1つで何とか今まではやり繰りして来ましたが闘病生活も20年を超えると色々な合併症が出てきて今の商品(医療サービス)では無理が噴出しているので商品を切り替えるには良く今の環境での治療は潮時と思っています。

 

【追記】

商品として医療サービスを考えた時チームでサービスを行えないと細分化した時代では厳しいと考えてます。