闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

塩分1日6g以内だと中2日でも体重は増えない(5/20の透析)

昨日(5/20)は17時38分に着床で待ち2分の17時40分に透析開始でした。昨日(5/20)の体重は4.2kgの5.1%増加で86.7kgでした。

 

5/20の透析時の血圧の上の推移

・開始17時45分の血圧は上106下60でドライウエイト82.5kgに設定して透析治療開始

 

・2時間30分後の20時7分の血圧は上99下68だったので除水の変更は無し。

 

・4時間経過後の21分40分の血圧は上104下74だったので除水の変更無し。

 

・透析終了22時13分

の血圧の上103下65でした。

 

昨日(5/20)の透析まとめ

土曜の塩分摂取量8.26g、日曜の塩分摂取量6.33g、月曜の塩分摂取量は5.05で普段の週末の塩分摂取量少ないので体重増加も5.1%に収まってます。矢吹病院の政金先生の言われるように体重増加を抑えるなら塩分摂取量を気にすべきですね。

 

今の施設では栄養指導をしないくせに「食べるな」とか「飲むな」・「なんで増やした」などアホみたいな指導をする。管理栄養士の指導の無い今の施設では無理な話ですが矢吹病院の矢吹チャンネルのビデオクリップの「Vol.07 水分の我慢は必要?」「Vol.08 塩のお話」でも見て指導方法を少しでも改善して欲しいものです。