闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

透析終了時の血圧の上が129と信じられないくらいに高い(6/10の透析)

昨日(6/10)は17時38分に着床で待ち3分の17時41分に透析開始でした。昨日(6/10)の体重は3.8kgの4.61%増加で86.3kgでした。

 

昨日(6/10)の透析時の血圧の推移

・開始17時48分の血圧は上116下66でドライウエイトに設定して透析治療開始。

 

・2時間30分後の20時16分の血圧は上122下80と高かったので液温を下げて除水を200g追加しました。

 

・4時間経過後の21時42分の血圧は上126下83でした。

 

・透析終了22時11分の血圧は上129下81でした。

 

昨日(6/10)の透析まとめ

透析終了前30分の段階で血圧の上が126も有り嫌な予感がしましたが透析終了時の血圧の上は129でギリ正常血圧。100以下の低血圧でも問題無いのに血圧の上129は高すぎる。看護師は普通の人の正常血圧にしたがるが妹も母も血圧の上は90台後半が正常値、100台とは言わないけど最低でも至適血圧の血圧の上120未満の110台にして欲しいです。