闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

体重82.5kgでタンパク質1日50g以下(6/21の透析)

昨日(6/21)は17時52分に着床で待ち2分の17時54分に透析開始でした。昨日(6/21)の体重は2.2kgの2.67%増加で84.7kgでした。

 

昨日(6/21)の透析時の血圧の推移

・開始18時分5の血圧は上87下47でドライウエイトに設定して透析治療開始。

 

・2時間30分後の血圧測定は忘れられて1時間前の21時37分にイレギュラーでの測定で上103下63でした。

 

・4時間経過後の22時4分の血圧は上101下61でした。

 

・透析終了22時27分の血圧は上106下76で本日は100g残ってしまいました。

 

昨日(6/21)の透析まとめ

リンの値が11から8.3へ下がったとは言え高い事には変わらないので現在タンパク質の量を1日50g以下の食事と無機リンを取らないように加工食品は極力避けた食事をこの後10日続け次の血液検査に臨みます。

 

【追記】

ドライウエイト82.5kgで1日のタンパク質50g以下は将来的に確実に体に悪影響は有るので次回の血液検査までの間だけの人体実験です。1日タンパク質50gでもリンの値が下がらない体質なら6時間透析でも診療報酬が満額支給らしいので長時間透析を視野に入れた行動を取らないと駄目なのかも知れません。