闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

自分には長時間透析(6時間以上)への道が有りそうです

とある情報筋から転院先では「5時間以上の透析を行なっていて長時間透析を受けることが出来るかも」と聞きました。

 

2017年度の診療報酬改定で条件を満たせば確か6 時間以上の人工腎臓を行った場合、1 回につき 150 点を加算する事になった事だからと勝手に思ってます。

 

【加算される条件】

心不全兆候を認める、または血行動態の不安点な患者

 

②適切な除水、適切な降圧薬管理、適切な塩分摂取管理を行っても高血圧状態が持続する患者

 

③高リン血症が持続する患者

 

今の施設では5時間透析ですら夢物語ですが転院先では6時間透析への道が有るようで「③高リン血症が持続する患者」が当方は当てはまりそうなので自分には嬉しいお話を小耳に挟みました。