闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

透析病院の選び方

地方で透析病院を選ぶ事になると選択肢が無い事が多々有りますがそこは一先ず置いておいて自分の透析病院の選び方のポイントを書いてみました。

 

①夜間透析の有無

昼の仕事をしている間だけですが夜間透析していること

 

②透析量の確保

QB300以上、QD500以上、透析時間は5時間若しくは長時間透析(6時間以上)行なっている施設。QB250以上、透析時間4時間半が最低条件です。

 

③ ③多発性嚢胞腎への対応

多発性嚢胞腎なので感染症になり易く個人経営のクリニックだとどうしてもタイムラグが発生して大事になるので総合病院の透析施設が望ましいです。付け加えるなら多発性嚢胞腎の専門医が居れば最高です。

 

④通院条件

通院時間は片道45分までで理由は通院時間が片道45分以上になると睡眠時間が四時間を切るので勘弁して欲しいです。

 

⑤検査の有無

心エコー、シャントエコー、

 

 

まとめ

自分の透析選びは①夜間透析の有無②透析量の確保③多発性嚢胞腎への対応④通院条件になります。これに透析医、看護師、技師の技量にも注視したいところですが実際に透析治療を受けて見なければ分からないのでギャンブルに近い所があります。