闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

人の課題なので介入する事は止めました

新潟県の腎友会の総会で執行部も含めてドス黒い顔の人が多かったので透析量を増やす事を提案しようと思ったけど、それはアドラーの心理学で言うならば顔のどす黒い人達の課題です。

 

他者の課題に踏み込むと何かとトラブルになるので顔のどす黒さに気付き解消方法を聞かれるまではどす黒い人達とは距離を置いて、自分の課題である感染症、リンの値に専念して透析治療を進めて行きたいと考えています。

 

自分よりも透析導入が遅いのに顔が黒い執行部の役員が自ら自身の課題に気付いだ時にはアドバイスしたいと考えます。顔のどす黒い人達が手遅れになる前に自分の課題に気付く事を願います。