闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

リンの値は11から7.1

未だ正式には手元に血液検査の結果は届いてませんが速報値でリンの値は7.1と聞いています。前々回の血液検査が11.0だった事を考えればリンの吸着剤を減薬された中でよく下げたと思っています。

 

今回、血液検査対象期間の1日のタンパク質摂取量の平均は67.1gでした。それに加えて無機のリンは摂取しない献立だったのでもう少しリンの値は下ると思ったけど駄目でした。

 

1日のタンパク質摂取量を50g以内にすればリンの値は確実にリン値が6を下回る事は過去の人体実験で分かっていますがそれではドライウェイト82.5kgの自分は感染症などの他の病気のリスクが高まり健康の為に行う食事制限が体に悪影響を与え本末転倒になってしまいます。

 

土日の暴飲暴食は普段の食事の制限のストレスから来るものと思われるのでQOLを高める為にも転院したら①リンの吸着剤を元に戻してみる②5時間透析で透析量を増やしてみる事を順次試してリンの値の推移を見守りたいです。其れ迄はタンパク質1日65kgで様子を見ます。