闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

残念な人が多いと感じる

仕事でプログラムの話をしていたら「キック」するって何ですかと言われた。「キックする」とは「プログラムを起動する」と言う意味ですがIT用語らしく通じない様です。

 

業界用語は一般的な人には通じない事が殆どで同じ事が透析治療にも言える。ドライウェイト1つとっても医療関係者と透析患者以外には通じません。ドライウエイトとは目標体重、至適体重とも呼ばれ透析後の目標となる体重の事です。

 

透析治療を行う上で知らなければならない業界用語が沢山出てきます。血液検査の結果は良い例で透析治療開始時は何を言っているのかさっぱり分からず大変でした。

 

昔は書籍を購入して理解を深めましたが今の時代はネットがあり簡単に調べる事が出来ます。透析治療の業界用語を知らないでも透析治療は受ける事は出来ますが医師、看護師との意思疎通が図れず適切な透析治療が受ける事が出来ません。

 

透析患者の平均余命は、60歳の男性で9.9年、女性で11.3年となっていて思いの外透析治療を行います。「透析用語も含めて透析を理解すれば合併症の発症が遅らせる事が出来るのに」と思う事が最近続いてますが人の課題なので首を突っ込まない事にしていますが透析患者には残念な人が多いと思っています。

 

【追記】

自分は透析用語で分からない事が出たらインターネットの用語集[じんラボ]でその都度確認する事にしています。