闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

今年も無事に眼底検査は終わりました

くも膜下出血したのは1999年3月21日でその時に視野狭窄が有ったので毎年眼底検査を行い経過観察しています。視野検査もしていましたが今年はしなくても大丈夫との事でパスでした。視野検査はメッチャ疲れるのでパス出来たことはメッチャ嬉しかったです。

 

目は左目の神経は変わらないけど右目の神経は少しずつ痩せているとの事ですが、そんなには問題無いとの事で来年の診察との事で一安心でした。視野が欠けても反対の目で補正するので全く気付かないので検査を続けて欠損が大きくなったら直ぐに対応する予定です。

 

過去にはMRI非対応の脳動脈瘤のクリップが入っているのにMRIを取られそうになったり関根さんと間違えられ行わなくて良い散瞳薬の点眼をされたりするので検査は医療ミスに遭遇しないか疑っていてメッチャ緊張してたので今年も何事も無く眼底検査が終わり一安心しています。