闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

サイコネフロロジーの疑いのある人との付き合い方

精神障害者手帳を持っている方とお付き合いが有りますが透析患者はけっこう精神障害者と同じ匂いのする方が多いです。

 

なんの前触れも無く怒り出したりする人が多すぎます。人格・パーソナリティ障害なのか新型のうつなのかは知りませんが急に怒こる、環境の変化に対応出来ない、多くの情報が入ると混乱したり貴方精神疾患でしょうと思う人多過ぎです。

 

自分が環境を変える事が出来れば一番なことは知っていますが簡単にはこの環境から抜け出せないので透析患者さんは良く観察して病んでいる人に対しては精神疾患の人と同じ様に深く入り込まずに適切な距離を保ちながら今後もお付き合いする事にしています。

 

【参考情報】

腎臓病患者さんの心をケアする

"サイコネフロロジー"

https://wwwchojurin..jp/umi/care/200912.php