闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

今のままでは三流患者のまま

books.google.co.jp

『一流患者と三流患者 医者から最高の医療を引き出す心得 (朝日新書)』で言う一流患者とは主体的な患者を「一流患者」、医者にお任せの患者を「二流患者」、文句ばかり言う患者を「三流患者」と言っています。

 

色々な講演会や多発性嚢胞腎の専門医と交流があるので周りからは主体的な患者と言って貰える事が時々有りますが医師とのコミニュケーションが上手く無く今のままでは主体的な患者では無く専門知識をひけらかす患者で文句ばかり言う「三流患者」と変わりません。

 

医師にお任せの「二流患者」の方が良いドクターに巡り会うことが出来さえすれば「一流患者」へなり損ねた患者よりもより良い治療が受けることが出来る事は事実。努力しても方向性が間違うと報われないと言うことは世の中にはよくある話で気を付けないとです

 

でも努力している事は医師も一応理解してくれているので腐らず引き続き精進したいと思います。ヤケになり医師と言い合い喧嘩になると医療村は狭いので噂が申し送りされ一気に病棟中に知れ渡るので言動に気を付けながら「一流患者」を目指して引き続き頑張ります。

 

【追記】

東京の講演会に参加したら長岡の多発性嚢胞腎で通院している病院で働いていた方だったり、東京女子医大に行って診てもらうドクターが新潟大学出身とか医師の世界は意外と狭いので言動には気を付けないと変な噂が広がって大変です。加えて言うなら看護師、技師、薬剤師の世界も狭いので気を付けないとですね。