闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

他人の体験談は自分に当てはまるとは限らないので注意が必要

致死量ってあるけど毒を致死量飲んだからと言っても全ての人は死にません。かと言って致死量に達していなくても死ぬ人が世の中には存在しています。

 

自分の場合はリンは直ぐに上がりやすいけどカリウムは何もしなくても上がりません。多発性嚢胞腎は高血圧になると言われていますが自分は低血圧で標準的では無いようです。

 

多発性嚢胞腎の患者としてのスタンスで色々な物事をこのブログで書いていますが自分の行なっていることが全ての多発性嚢胞腎の患者に当てはまるとは限らないのでその点は気を含み置いて読んで頂けると助かります。

 

【追記】

透析をしていると色々な患者さんの体験談を聴くことが出来ますがインターネットも含む患者の話は玉石混合なので確り裏を取って闘病に役立てて欲しいです。