闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

今回のリンの吸着剤の処方の問題点のまとめ

15年透析して来てリンの吸着剤に関しては色々有りましたが今回のリンの吸着剤の処方は問題だと思いまとめてみました。

 

今回の問題点

①リンの吸着剤をホスレノールからピートルに変えた時、前回多血症になった事を覚えていて技師、看護師、薬剤師の全てが処方に意を唱えたが聞き入れられなかった事

 

②多血症になったのでリンの吸着剤のピートルを中止した時に代わりのリンの吸着剤を出さなかった事

 

生き死に直結する抗菌薬の処方でさえ正しく出来ないのでリンの吸着剤も正しく処方出来なくても納得ですが「やれる事はやったので後は関矢さんの食事管理」って言われてますがリンの値は元の6台に戻っただけなので前にこちらが提案した炭酸ランタンの500mgを処方して欲しいです。