闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

お任せ治療をする為にも患者力が必須と感じる今日この頃

基本的に医療は医師との信頼関係に基づいてお任せ治療をする事が治療効率が高いと考えています。闘病は医師との出会いが全てで「MRI非対応の脳動脈瘤のクリップが入っているのにMRIを撮ろうとする医師」がいたり、逆に「助言しただけで劇的に病状が改善して再発させなくする医師」がいたりします。

 

良い医師に出会うためには正しい情報に触れる努力が必要になります。テレビ、書籍、体験談など色々な情報源が有りますが玉石混淆で役に立たない情報が世の中には反乱しています。役に立たないなら良い方で副作用で病状が悪くなる事もよく有る話です。何が正しくて何が間違えているのか分かるまでが大変です。

 

自分の場合ら医師の処方した薬の問題で色々とトラブルが近年絶えなかったので薬は処方される度に必ず説明文をインターネットで調べる癖が付きました。トラぶってた時期は腐敗と発酵に興味が有った時期でも有ったので抗菌薬の事は面白いように覚える事が出来て処方された抗菌薬で自分の置かれた立場が理解出来るまでになりました。

 

最初にも書いた様にお任せ医療が1番楽で効率が良いと思いますが世の中は甘く無くて良い医師に出会うためには病気に付いての情報収集をしなければならず楽は出来ません。結局はお任せ治療をする為には患者力を高める為に情報収集に奔走する事になります。いずれにせよ患者力が無いと良い医療を受ける事が難しい時代に入った見たいです。