闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

自分の身は自分で守る

リンの吸着剤を減薬しておいて散々リンの値が10を超えるなんて有り得ないと言っていたけどリンの吸着剤を元に戻したらリンの値が10から5.7になっても何の説明もなし。

 

今回リンの吸着剤が元に戻ったのは看護師からの進言で進言が無ければそのままリンの高い状態。リンが高ければ「高リン血症が持続する患者」ってことで一回診療報酬が150点付いての6時間透析を夢見ましたが駄目でした。

 

転院はまだ先になりそうで透析の主治医とは信頼関係の崩壊している中での透析治療を行わないと駄目です。今の透析施設はトップレベルでは無いけど世間一般的には上のレベルで透析治療だけを考えれば問題は無いです。

 

問題は透析治療以外で薬の処方とか透析に関連しない多発性嚢胞腎由来の病気への対応です。自分の身は自分で守るしか無く今一度初心に戻って何か体調に異変を認めたら透析施設以外の病院での治療を速やかに行い問題を未然に防ぐ予定です。