闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

環境に合わせて人は順応する

f:id:nannbyou67:20190906032212j:plain



「様子見ましょう」って言われて痛いので直ぐに別の病院に行ったら胃に穴が開いていたり、大丈夫って言った翌日40℃の熱が頻繁に出たりする事ありそれも毎回同じ医師。「息が苦しい」と言えばレントゲン撮影して心胸比を確認する事もせずに緊急透析で息苦しさが増したり呆れるしか有りません。

 

上記の例は氷山の一角でもっとクリティカル事は流石に忖度して書きませんがこのままでいては近い未来に終わりが来ます。人間ってよく出来たもので危なければそれなりに対策を立てて順応します。

 

このまま何もし無ければいつか運が尽きるのでなんとかする方法をGoogle先生から教えてもらいました。

 

www.youtube.com

現在YouTubeの「出直し看護塾」の「洞察力で見抜く急変予兆」で殺され無いように猛勉強しています。

 

普通ここまでクリティカルな病変を見逃される事は無いはずですが現在の自分の環境にはよくある話です。そのおかげで多発性嚢胞腎、抗菌薬に付いてメッチャ詳しくなりました。転院先は何も心配することも無くお任せ医療が出来る施設なのでその時は環境に適応して死にものぐるいで時間を惜しんで医療の勉強をする事は無くなると思います。