闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

予想通り透析の次の日は痙攣で目が覚める(9/7の透析) 

昨日(9/6)は時36分に着床で待ち3分の17時39分に透析開始でした。昨日(9/6)の体重は4.7kgの5.61%増加で88.5kgでした。

 

昨日(今9/6)の透析時の血圧の推移

・開始17時51.分の血圧は上97下56で今日は増加が多いので400g残しにに設定して透析治療開始。

 

・2時間30分後の20時12分の血圧は上94下66だったので除水の変更は無し。

 

・4時間経過後の21時40分の血圧は上106下69でした。

 

・透析終了22時12分の血圧は上119下72でした。

 

昨日(9/7)の透析まとめ

今回は特に冷蔵庫の中の古い常備菜を消費期限が怪しい順に塩分を足して再加熱したものを今回は食べたので塩分を多く取った分体重は確り増えました。幸い透析中の痙攣は無かったですが透析の次の日の朝の4時に左足の全脛骨筋が痙攣しました。予想はしていたので枕元に痙攣対策として水と芍薬甘草湯を用意してあったので痙攣を実況してました。今週は塩分一日8gと多かったので土日で常備菜を作り塩分一日6gで押さえるように心掛けます。