闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

透析施設を選ぶ時に確認したい事

最近透析導入が間近な人とお話しすることが多くなり今一度透析施設を決めるときに調べる事を書き出してみた。

 

確認したい項目

・通院方法

公共交通機関

送迎の有無

 

・透析環境

腹膜透析の有無

診療時間

透析治療の時間

在宅血液透析の有無

長時間透析の有無

オーバーナイトの有無

オンラインHDFの有無

 

・透析中のQOL

テレビの有無

無料wi-fiの有無

スマホ使用の有無

 

・検査項目と検査の頻度

血液検査の内容と頻度

レントゲンの有無

心電図検査の有無

心エコー有無

腹部エコーの有無

胃カメラの有無

シャントエコー検査の有無

フットケア

 

・合併症への対応

提携している医療機関

 

 

自分の場合の優先順位

色々と確認する事を上げてみたが最低限の条件は3つ有って①昼間の時間仕事をしているので夜間透析がある事。②近年、多発性嚢胞腎の合併症が色々と出てきたので多発性嚢胞腎に対応出来る施設③通院時間が片道30分以内。

 

上記は最低限の条件でしたが透析施設の条件としては5時間もしくは長時間透析、オーバーナイト透析、在宅血液透析など積極的に透析量を増やす治療を行う施設。検査が充実した施設、テレビは無くて構わないのでスマホなどがWi-fiで使える施設が優先順位が高くなります。

 

まとめ

自分の場合は「自分の身は自分で守る」事にしているので今の透析施設の様に必要と思われる検査を実施していなければ手間ですが他の施設で個人的に行えば良いと考えているので重要視はしません。しかし最近特に多発性嚢胞腎の合併症から来る不具合が多く発生しているので多発性嚢胞腎を本当に理解されている透析施設でないと厳しいと考えています。

 

透析治療は担当医・看護師・技師のレベルや相性など実際に通院してみて初めて解る事も有りますが病院の理念や診療方針は事前に確認したいところです。

 

自分の体験からは透析量を多くすると体は確実に楽になり透析量を増やす場合は①膜面積を増やす②透析時間を長くする③QB(血液流量)を増やすの3点のどれかになるので透析量を増やす事の出来る施設の優先順位を上げることが肝心とかんがえています。

 

今回は透析導入するひとに病院の選び方を聞かれた時に自分の透析施設の選び方を伝える為に書き出したもので他と方とは異なる条件だと思います。優先順位は人それぞれ異なり今回の投稿で何を優先して透析治療を行うのか判断する参考になれば幸いです。

 

【追記】

透析施設は一部の恵まれた環境の方以外は簡単に変える事が出来ず施設間の格差が大きな治療と実感しているので限られた時間の中で納得するまで熟慮して納得した透析施設を決める事をお勧めします。