闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

遠くない未来に世代交代(9/9の透析)

昨日(9/9)は17時49分に着床で待ち4分の17時53分に透析開始でした。昨日(9/9)の体重は5.6kgの6.68%増加で89.4kgでした。

 

昨日(9/9)の透析時の血圧の推移

・開始18時4分の血圧は上94下60で今日は増加が多いので1kg残しにに設定して透析治療開始。

 

・2時間30分後の20時9分の血圧は上93下67だったので除水の変更は無し。

 

・4時間経過後の21時48分の血圧は上89下63でした。大丈夫とは思うけど念の為に芍薬甘草湯を飲みました。

 

・透析終了22時26分の血圧は上91下65で無事に1kg残して終わりました。

 

🔴昨日(9/9)の透析まとめ

先週は1.2kgの残しても痙攣しましたが今週も同じくらい除水したけど週末は歩かなかったので痙攣が無かったです。話は変わり長岡の透析の施設の殆どが近々代替わりしますが自分の通っている施設も昨日(9/9)の夜間透析で初めて若先生の回診でした。着々と代替わりの準備が進んでいますが多発性嚢胞腎の活動している中で見聞きした事の無い名前なので今の施設での改善は期待薄と見立てていて多発性嚢胞腎の専門医のいる施設への転院の意志は変わりません。