闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

休みも取れたし発熱もしていないので桜木町に向かいます

f:id:nannbyou67:20190922061531j:plain
消費税対応でドタバタしているので9/22(日)に開催されるPKDFCJの小集会 in 仙台のサポートは参加出来るか事前に分からないのでお断りしましたがドタキャン覚悟で神奈川県腎友会の青年部主催の勉強会のスケジュールは入れていました。幸い前日の9/21(土)に出勤して対応したので何とか休みも取れ発熱も無いので本日(9/22)に桜木町で開催される勉強会に参加する事になりました。

 

前回、神奈川県腎友会の青年部主催の勉強会に参加したのは松江腎クリニック医院長の草刈万寿夫先生の勉強会で「透析量の大切さ」を学んだのが平成27年の9月27日なので約4年前でした。その時に透析量の大切差を学んだ事とその後有り得ない治療(特に投薬)が重なり、意を決して転院を希望した訳ですが転院先のベッドが開かずに10ヶ月も同じ施設で透析しています。

 

今回の勉強会は「カルニチン」に着いてで勉強会も大切な目的ですがSNSで繋がっている透析のお仲間数十名と会える事と今回は多発性嚢胞腎で自分と同じくも膜下出血からの透析導入になる方と久々に再開して神奈川近郊のお仲間に紹介する事です。

 

くも膜下出血してから20年が経とうとしていますがくも膜下出血して元気に動いている多発性嚢胞腎の患者には日本で2人しかお会いした事は有りません。今回透析の同士に合わせる方は2人の内の一人です。今回合わせるお仲間は透析している方には有名な方なので透析治療の役に立つでしょう。今回は新橋で一泊して帰るので競馬の産経オールカマーで確り稼いで夜の新橋をパトロールする予定です。

 

では支度して桜木町に向かいます。