闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

ニューズレターを読んで

とある東京の先進的な透析クリニックのニューズレターが届いて読んでいたらリテールクリニック(簡易診療所)の事紹介していたのでリテールクリニックの事をネット調べていたらアメリカでは問題は有るようですがテレメディスン(遠隔医療)とリテールクリニックが普及する予感がしました。

 

医療費を削減する為に日本でも簡易診療所と遠隔医療は近い将来導入されると思います。遠隔診療が導入されると今後は日本全国どこに居ても多発性嚢胞腎の専門医が選べる可能性が出て来ました。そうなるので現在の様な多発性嚢胞腎を知らない腎臓の専門医から訳の分からない診察される事が無くなり助かります。

 

今後何処に多発性嚢胞腎の専門医が居るのか知っている事が重要になりそうなので地道に多発性嚢胞腎の専門医の居場所を把握する予定です。