闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

新潟で先生と呼ばれる人達

一度でも県外で生活して仕事をした事が有る人は新潟県は閉鎖的で色々な掟や忖度する場面が有ると思いながら生活をしています。

 

新潟県ではありとあらゆる場面で派閥や忖度が発生しますが自分が思うに先生と呼ばれる職種は特にです。有名なのは学校の先生の派閥で「ときわ会」「公孫会」「新陽会」「女教員会」「検友会」があります。新潟の教育環境はこの学閥抜きにして語れません。

 

これと同様に医師の世界でも同じように学閥があり現在自分の闘病と言う名のサバイバルゲームに多大なる影響を与えています。学閥が確りしていれば多発性嚢胞腎は〇〇一門なら知っていて不思議では無いはずですが上下関係の力学で何かと面倒事に巻き込まれてます。

 

新潟で生きていくには上手に派閥のルールに従い忖度して生きるのが一番なので自分の持っているチャンネルを使って近い将来〇〇一門の親方に現在の状況をお伝えして現在のパワーバランスを崩し何とかサバイバルゲームを続ける事が出来るようにする予定です。